読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[FO4]Fallout4 Immersive-Gameplay(IG) 攻略 [PS4]

Fallout4の攻略日記です。PS4でMOD「Immersive-Gameplay」(IG)を導入しています。難易度はサバイバル。MOD遊びは今作から始めた初心者です。

最終回「Airship Down BOSとの最終決戦はフリーズ地獄 たぶんAwarenessのAIM時スローのせい」

ついにエンディングまで迎えました。このプレイ日記も今回が一応最終回とさせていただきます。約1ヶ月ちょっとの短い期間でしたが、久しぶりに出会えた特別なゲーム「Fallout4」に関して、こうやって一つ何か形を残せたことを喜んでいます。

f:id:massa-onion:20170508225009j:plain

「(Fallout4に)出会えてよかった」。最後に相応しい一言でございます。

メインクエスト後半ですが、IGだから特段厳しかったとか、面白い要素が追加されていた、ということはありませんでした。戦闘は相変わらずのきつさでしたが、それはもうVault111を出てからずっと続くことですので(苦笑)。

1つ難関があったとすれば、Airship Down、BOSとの最終決戦

まずリバティ・プライムに張り付くまでの前半部分まで。これはまあ、普通に進むと、敵のPAも強化されているIGサバイバルでは非常につらいはず。バニラ同様に大量のPAが待ち構えているので、これとまともに戦っていくとさぞ苦戦を強いられるでしょう。私は、これで最後、ということで、大量のミニ・ニュークとミサイルを持ち込んでいました。さらにステルスボーイも出し惜しみしません。さらにさらに、PerkのChemist Rank2、Experienced User Rank2を取得済みで、薬物の効果持続時間延長+中毒無効としていますので、がっつりクスリもキメておきました。

f:id:massa-onion:20170508225128j:plain

溜め込んでいたミニ・ニュークを大放出

開けた場所ではヌカランチャーを、屋内では自爆に気をつけながらミサイルを、とやっていけば、さほど苦労することなく3箇所のバリアを破壊し、リバティ・プライムのところまでたどり着けました。

そしていよいよ後半ですが、ここにきてベゼスダゲーム最大の敵、フリーズ地獄が訪れます(笑)。ちょうどエルダー・マクソンのベルチバードが登場する辺りで、何度もフリーズしてしまいました。たしかにここは敵味方入り乱れるので処理の負荷は相当なものなのでしょうが、それでもバニラでプレイした時にはここまでひどくはなかった。何が原因だろうと考えたところ、1つ思い至ることが。

AwarenessのRank2の効果です。これはIG独自の効果に変更されていて、取得すると、AIM時は常にジェットを使った時のようにスローになります。VATSがほぼ索敵以外に使い物にならないIGでは、非常に有用なPerkなのですが、おそらく処理の負荷が大きいのでしょう。そういえば、姉妹作品のスカイリムでも、盾を構えた時にスローになるという効果がありましたが、それでもフリーズやバグが起きやすかったのを思い出します。

これが怪しい…と、AIMを封印してみました。

するとどうでしょう。最後までフリーズが起きることなく戦い抜くことができました。最後の最後にAIM不可というハンデを背負いましたが、これはこれで楽しかったので良しとします。VATSは使っても大丈夫だったので、それメインで乗り切りました。

youtu.be

おすすめPerk3選

メインクエストまで終えて、最後まで有用だったと実感できたPerkを3つほど書き連ねておきます。

Awareness

まずはこれです(笑)。最後の最後でやられた感のあるPerkですが、私のような特別シューターが得意ではないプレーヤーには、AIM時スローは必須でした。遠くからかっ飛んでくるミサイルもスローになるので、運が良ければそれを見てからかわすこともできます。スタイリッシュで別ゲームのようになりますが、攻防どちらにも役に立ちます。

Experienced User

IGサバイバルでは毒や酸の攻撃が非常に強化されています。準即死攻撃と見なして良いでしょう。IGサバイバルでは、ミサイル、ミニガンが2大即死攻撃で、準即死は毒・酸と火炎放射器です。その内、唯一Perkで直接対策できるのがこの毒・酸です。これで初撃を耐えて、Med-Xを打ってから反撃しましょう。

Concentrated Fire

同じ部位を狙い続けると命中率アップ。これがないと本当にVATSは索敵以外に使えません。ただしこのPerkを取得しても、まともな命中率まで上昇するのに5、6発は必要です。IGでは1回の攻撃で消耗するAPが非常に少ないので、AP切れは気にしなくてはいいですが、弾の消耗が気になります。.50口径弾を湯水の如く連射されると頭が痛くなります。やはり使用はここぞという時に絞らざるを得ません。それでも、スーサイダーを仕留める時や、デスクローの足を止めたい時、遠方にいるミサイル・ヌカラン持ちを仕留める時には、頼りになりました。LuckのPerkで強化していれば、クリティカルで代用が利きそうでもあります。私はLuckを捨てていたので想像ですが。

他は各プレーヤーのスタイルによって変わってくると思いますが、もしクラフトをきっちりやりこみたいのであれば、バニラよりもPerkの要求が多岐に渡るので、計画的に取得していった方が良いでしょう。IGサバイバルでは、武器や防具の改造は、正直あまり意味がありません。武器は拾えるもので十分だし、防具も強化したところで焼け石に水であるように思えます。守りに関しては要するにPAを着るか着ないか、です。改造については、あまり重要視しなくても良いと思います。

一方で取得して明確に損をした、となるハズレPerkはありませんでした。例えば一見するとIGサバイバルでは死にスキルになりそうなBlitzでも、スプリントスピードアップ効果も追加されていますので、これも含めて考えれば十分にコストに見合う効果だと思います。どんなPerkでも取得さえすれば、それなりに旅が楽になるでしょう。

最後に…

このブログですが、おそらく「Fallout4」はVR版が展開を見せた時に、もう一盛り上がりあるのではないかと思っています(PS4での展開があるかはまだわからないですけどね)。そうでなくても2ちゃんねるの本スレではいまだに「これから始めるんだけど~」という人の書き込みがあります。だから、まずは自分のためにメモリアル的なものを残したいことが第一の目的ではありましたが、ここにそっと記事を置いておけば他のプレーヤーの皆様にとっても、何かの足しになるだろうとも信じています。ですので、更新を止めてもずっと残しておきます。今日時点では、IGについて特化して書いた攻略日記はあまり見かけませんので、ネットの片隅にこんなブログが置いてあっても邪魔にはならないでしょう。

後日TIPSまとめ記事に書き漏れがないかはチェックし、何かあれば書き足しておきます。

falloutdiary.hatenadiary.com

私自身としては、ブログは大切な趣味の1つなので、他のゲームタイトルのことやゲームとは全く関わらないテーマでも書いていきます。一応下記が「まっさ・おにおん」名義でのメインブログとなっていますので、ご興味があればぜひアクセス下さい(こちらは読書感想がメインです)。あとはTwitterですかね。「まっさ・おにおん」以外の名義でも相当数あちらこちらに記事が残っていますが、それはまあ、知らずにお互いの人生が交差していく一期一会?な出会いということで…(笑)。

massa-onion.hatenadiary.jp

もう少しこのブログで何か書くことがあるかもしれませんが、ひとまずは今日で最終回ということで。ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。貴方様にも素敵な「Fallout4」の旅の思い出ができることを祈っています!

youtu.be

色々と考えさせられるゲームですが、なんのかんの私はショーンが満足そうに逝くこのエンディングが1番好きです。それにしても地味に主人公の顔の色が黒くなってしまうバグが発生しています。最後の最後でベゼスダらしいメモリアルショットとなりました(笑)