読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fallout4 Immersive-Gameplay(IG) 攻略 [PS4]

Fallout4の攻略日記です。PS4でMOD「Immersive-Gameplay」(IG)を導入しています。難易度はサバイバル。MOD遊びは今作から始めた初心者です。

第12回「The Glowing Sea バージルを追って輝きの海へ コンパニオン弱い問題も解決」

前回半壊したコベナントですが、ゲーム内で一晩睡眠を取ると「友好関係が決裂しました」と出てワークショップが使えない状態となってしまいました。ジェイコブの会話が、クエストクリア前に戻っていたので嫌な予感はしましたが、何かしらバグが発生したようです。確かに満足度が低いまま放置すると、最終的に居住地を失ってしまうという仕様はバニラにありますが、いくらなんでも早すぎるのでバグと判断します。RP的には自然な流れにも見えるのでこのままここは放置です。近寄ったら敵対されるのかしら。それなら皆殺しからの再開発はアリですが。

さて、引き続きメインを進めます。輝きの海です。これも以前書きましたが、寄り道をするにしてもコーサーのチップを解読する手前まで進めようという方針です。レールロードを見つけられず、連邦各地を放浪することになった、という脳内補完です。割にこういうお話の繋がりが気になるタチです。

輝きの海は事前準備をミスした

f:id:massa-onion:20170411074854p:plain

続きを読む

第11回「Trouble Brewin ハルシジェン社攻略 そしてコベナント半壊…」

輝きの海を目指す前に、せっかくなのでグッドネイバーのクエストをいくつか消化していこうと思いました。

Trouble Brewin・ハルシジェンのキャニスターをフレッドのところに持っていく

f:id:massa-onion:20170409173401p:plain

Trouble Brewin
シャムロック酒場でドリンクバディを連れ帰るクエストですね。オプションで依頼主に届けずに自分の物として横取りも可能。がっつりクラフトやるのであれば、お気に入りの拠点へ送って効果の高まったドリンクの安定供給源としても良いでしょう。私はそのまま依頼主に届けました。特に難しい部分はありませんでしたが、帰りのルート上の敵は極力あらかじめ排除しておくといいかもしれません。

続きを読む

第10回「Dangerous Minds イベントのショートカット試してみた クラフトも食料と防衛を少し触る」

さっそく前回手に入れたベルチバードを使って、各拠点へバラバラへ保管していたジャンクや武器などの物資を集約することにしました。場所は序盤に和解ルートで進めていたコベナントを選びました。

続きを読む

第9回「Show No Mercy 対ベヒモス戦はバニラより楽しい」

ケロッグを倒した後、引き続きメインを進めるか、進行可能になったFar Harbor、あるいはAutomatronに進むか、という三択でした。どうするか決めかねましたが、まずはいずれにしてもBOSのプリドゥエンへ赴き、ベルチバードの運用をできるようにしておこうと思いました。

続きを読む

【随時更新】Immersive-Gameplay(PlayStation) バニラとの仕様の違い TIPSまとめ

最終更新日:2017.4.23

このページは攻略日記で書いたIGとバニラの仕様の違いについて、まとめていくページです。随時更新していきます。拡充具合は私自身のゲーム進行度に依存していますのでご容赦下さい。またこれは攻略Wikiではなく、私一人の手で書かれている個人のブログ記事ですので、気づかずに誤った記述等あるかもしれません。もしよろしければコメントなどでお知らせ頂ければ、随時確認の上、修正いたします。

下の画像に特に意味はありません(笑)。なんか微笑ましくて好き、というだけ…

f:id:massa-onion:20170402221657p:plain

続きを読む

第8回「Reunions ケロッグからミステリーなミート」

メインクエストを進めました。ケロッグの追跡、そして対決です。

ヘーゲン砦までの道筋はバニラから特段変わった点はありませんでしたので、このブログでは割愛します。道中の相方はニックではなくストロングを選びました。ストロングと一緒に行ったのは初めてでしたが、彼はドッグミートが偉くお気に入りのようで、「嗅覚が鋭くいい犬だ」と褒めちぎる専用セリフが多数ありました。ヘーゲン砦到着後、ニックだと「疲れているようだから、もう家に帰してやろう」と言うところは、ストロングだと「こいつは良いハンターだ。好きに狩りをさせてやれ」というようなセリフでした。「俺達が連れているミュータントハウンドと同じくらい優秀だ」などとも言っていましたね。

続きを読む

第7回「Unlikely Valentine トリガーマンよわ」

寄り道しましたが、ようやくニックの元へ。頼れそうな相棒のストロングも一緒です。シナリオの自然さでいけば、パイパーだとは思うのですけどね(苦笑)。

敵はトリガーマン達ですね。うーん、なんだろう。レイダーと違い、特に怖い武器も持っていなかったので、単純に体力が低下している分、バニラよりも弱くなっている印象です。コベナントのコンパウンドの見張り達もそうでしたが、ピンポイントで出てくる人間の敵は、IGにおける人間の弱体化だけが際立っています。まあ他の敵が十分強くされているので、こういう息抜き的な集団がいてくれても全然大丈夫ですが。

f:id:massa-onion:20170406102133p:plain

続きを読む